牛丼店を起業して経済を学ぼう


当センターでは、この度、中学校社会科公民的分野「私たちの生活と経済」の学習において、先生・生徒ともに使いやすい充実した資料として、「1時限シミュレーション カラテカのよくわかる生活と経済〜牛丼屋にチャレンジ」を作成しました。

本資料は、「家計」、「企業」といった経済の基本的構成要素や、これらを相互に結ぶ「労働」や「金融」などについて、シミュレーションによって、具体的な意味を生活実感に基づいて理解できるよう作成されています。また、その中で、将来、人生のさまざまな場面において、「生きる力」を発揮できるように、選択と合理的な判断の重要性を学び、その上で、合理的な意思決定を行う能力を高めることを目的としています。

本教材で学習できること

1制度、仕組みなど (1)働くということ (2)企業と家計 (3)経済の仕組みとお金の循環 (4)生産のために必要なもの (5)2つの金融 直接金融、間接金融 (6)需要と供給と価格の動き (7)企業活動について など 2経済学的概念 (1)限られた資源を有効に使う (2)状況に合わせた意思決定 (3)諦めなくてはならないものの価値 (4)合理的な意思決定 など

牛丼シリーズ


牛丼屋経営シミュレーション2
△△家、牛丼屋を開店する


牛丼屋経営シミュレーション2

PDF版 ダウンロード(zip圧縮10MB)

ダウンロード

◆解凍後の構成ファイル

  • 生徒用(gyu2_seito.pdf)
  • 教師用(gyu2_kyoushi.pdf)
  • ワークシート(gyu2_wsseito.pdf)
  • 板書シート(gyu2_bansyo.pdf)
  • 出来事カード(gyu2_card.pdf)

※学校内でのご利用に限り複製してご利用いただけます。